あしあと

日々の記録

20歳の自分に受けさせたい文章講義[本]

こんばんは。

ブログを書いていると、

自分の文章力の無さにがっかりします。

「とにかく書けばいい」、なんて根性論は嫌いなので

なんとかできないものかと、一冊本を読んでいます。

今日は読んだ内容で勉強になったことを書きます。

 

20歳の自分に受けさせたい文章講義 (星海社新書)

20歳の自分に受けさせたい文章講義 (星海社新書)

 

 

常々思っていましたが、文章を書くのは難しいです。

うまく説明しようとしても頭の中にあるものを言葉にすることができない。

とりあえず書いてみても読みにくく、何を言っているのかわからない。

だから自分の文章を読み返すことが嫌いでした。

 

どうしてこんなに書けないのかと思っていましたが

この本でははじめに、どうしてうまく書けないのか、

一発で答えてくれました。

 

頭の中にはたくさんの「思い」があり、

言葉で伝えなければならないのですが、

中には不鮮明な映像や、気配、予感のようなものもあります。

そんな言葉以前の「茫漠たる感じ」を言葉にできないから、

うまく文章が書けない。と悩むことになります。

この「うまく言葉にできない、頭のなかの中の「ぐるぐる」を、

翻訳することが必要です。

 

さて、文章を書く上で大切なのはリズムです。

リズムが悪いと、読みにくい文章になります。

書いてあることの一つ一つは正しくても、

文と文のつながりや展開の仕方がおかしいと、

結局何を言いたいのかわからなくなるからです。

 

例えば、僕らの会話を文字に起こしてみると、

デタラメな文章になっています。

人と話している時に、会話部分だけを意識してみるとわかりますが

言葉を切り取ってみると、意味がわからない時があります。

これは言葉以外の表情や、声、話しぶりから

相手の気持ちや考読み取っているので

不必要な言葉はそぎ落として話しているからです。

会話では、言葉はそんなに大事じゃないのかもしれません。

 

ところが文章では声や表情で伝えていた情報は抜け落ちるため、

言葉にする上で抜け落ちた部分を補強しなければなりません。

抜け落ちた部分を、どうやって補足するか?ですが

良い練習方法が書いてありました。

 

「絵や写真を言葉で説明する。」というものです。

絵や写真でなくとも、近くにあるもので良いと思います。

今、このブログを書いている僕の横には本棚があります。

普段は見るだけでどんな本棚かわかりますが、

文章にする上では本棚があることしかわからないので、

情報を追加していく必要があります。

せっかくなので練習として書いてみます。

 

色は茶色、暗めの茶色で栗と似た色です。

高さは90cmほどで、三段構造で上から1、2、3段目と横にしきられています。

1段ごとの高さはA4サイズのコピー用紙を入れると少し余るくらい、

奥行きが少し深く。前後で2列分の本が入ります。

本は3段全てに余ることなく入っています。

一番上の段では本の間に隙間があるので、

左側の半分が斜めに傾いています。

(書いてから直しました)

全ての段で大きさの違う本がバラバラに入っています。

しかも前後2列に入れられているので

奥側の本はタイトルがわかりません。 

 

ちなみにほとんど積ん読状態です^^;

なので全部読みきるために今読んでいます。

この本もそのうちの一つでした。

イメージできるくらいに伝わったでしょうか?

こんな感じで、

近くにあるものを描写していく練習を、

接続詞がうまく入るように意識しながら書いていけば、

文章がうまくなれそうです。

 

 

読んでいる途中ですが、

まだまだ勉強になることが書いてあるので

残りの部分を読んだらまた書きます。