株のスクラップ帳

株に関することをメモしています

2018/1/14

 

バルト3国と連携強化 視線の先には対ロ関係 :日本経済新聞

この記事と全く関係はないがバルト三国エストニアはIT先進国だという話をよく聞く。日本でいうマイナンバー制度も以前からあったという話だし、生きている間に一回くらい行ってみたいね。

 

太陽の謎に迫る NASA、極限まで近づく観測衛星 :日本経済新聞

 

ザッカーバーグ氏、フェイスブックの表示変更で3300億円失う【写真】 - Sputnik 日本

日経にも似たような記事があった気がする。

(ウォール街ラウンドアップ)フェイスブックの原点回帰 :日本経済新聞

フェイスブックの閲覧画面「ニュースフィード」で、友達の投稿を広告より優先的に表示されるようにする。従来は投稿と広告が入り交じっていた。「広告が個人同士の交流を締め出してきた。友人や家族とより出会えるようにする」(ザッカーバーグ氏)。 

 確かにお金を出せばどんな情報でもだせるとまではいかなくても、恣意的な情報を載せた広告を出すこともできなくはなさそうだし、単純に広告が減れば見やすくなって良いよね。パソコンでネットしているときはまだいいけど、スマホで閲覧しているときに画面の大部分を埋め尽くすほどの広告を出されるとさすがにイラっとするから。

 

金正恩氏はトランプ氏との対決で勝利した? - Sputnik 日本

平昌オリンピックの参加は核開発のための時間稼ぎだろうね。

一旦地政学リスクは落ち着くかもしれないけど、オリンピックが終わる2月末頃からはどうするんだろうか。北朝鮮としても命綱になっている核開発を止めることなんて有りえないだろうし。また挑発合戦になるのか、別の名目で話し合いをするのか。

 

「つみたてNISA」が盛り上がらない根本理由 | 投資 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

つみたてNISAは若年層の資産形成用の制度だよね。60代を超えてから20年の積立はちょっと難しいよ。人生100年といっても本当に100年まで生きるかはわからないし、途中で万が一のことがあったら有価証券のまま相続って大変だし。

一番お金をもっている層に投資させるのなら非課税の枠を大きくすれば一発だと思うんだどな。去年までのNISAだって120万円しかかけられないから意味がないって思っている人も多いんじゃないかな?

非課税は無理ても税率10%の枠を1000万とかにすると投資する人も増えるだろうし、

目の色を変えて証券会社も動き出しそうだけど。

あと、やっぱり証券会社が儲からないのが一番個人にお得な金融商品なんだよな。

一番はネット証券が良いんだけど、高齢者はやっぱり担当がついて面と向かって話ができないと不安という人もいるだろうし、ネットの利用に抵抗がない世代になるまで今の対面型証券の売り方は変わらない気がする。

 

センター試験、不正4人 | ロイター

そういえば昨日今日はセンター試験だったのか。

 

ノマドるときの安心を。離席中に荷物を見守るモニタリングアラーム「トレネ」 | ギズモード・ジャパン

カフェで仕事する人には便利かもね。

 

かさばるカードをこれ1枚に。スマートクレジットカードでお財布もスッキリ | ギズモード・ジャパン

これ普通にすごいよね。逆にどうして今まで無かったのかが不思議なくらい。