株のスクラップ帳

株に関することをメモしています

2018/2/5 今日の日経は大暴落

 

株急落、歴史繰り返すか 金利逆風も頼みは低PER :日本経済新聞

 

日銀、次の一手難しく 株安がもたらす円高圧力 :日本経済新聞

一つは日銀の行動だ。日銀は1月31日に満期までの期間が「3年超5年以下」の国債購入を増額。それでも金利上昇が進んだため、2月2日には「5年超10年以下」の増額と指定の利回りで無制限に国債を買う指し値オペの実施に踏み切った。 

 もはや物価の上昇よりも金利の上昇を抑えることが目的と化している日銀の金融政策。

株安で円高圧力がかかると書かれているけど、日本は金利が低い状態が続いて、欧米は金利上昇の流れで来て、アメリカでは減税なりレパトリエーションなりをしているわけだから円安の方向に動いていくとは思うんだけどな。

 

東南アの中堅上場2200社、利益5年で2割増 (NEXT1000) :日本経済新聞

 

陸自ヘリ墜落1人死亡1人不明 佐賀、住宅火災も :日本経済新聞

5日午後4時43分ごろ、佐賀県神埼市陸上自衛隊所属の攻撃ヘリコプターが墜落した。県警によると、搭乗していた男性隊員1人が死亡した。1人は行方不明で捜索中という。 

 マジか。異常を検知して不時着を試みたそうだけど、良い結果にならなかったね。

亡くなった自衛隊員もかわいそうだし、炎上した住宅にいた家族もめっちゃ怖かっただろうな。何があったんだろうね。

 

仮想通貨 「取引所」、実は投資家 :日本経済新聞

普通に勉強になる。株の取引を扱う東京証券取引所ではオークション方式を採っているけども、マーケットメーク方式という形で仮想通貨の取引所は取引所自体が客の買い注文を売りで、売り注文を買いで答えることができる。

取引所を利用する客から買い取ったコインをそのまま持つこともできるし、

他の所から事前に仕入れておいたコインを客の買い注文に応えて売ることで利益も出せる。今はコインチェックのNEMの流出騒動で仮想通貨全体の価格が落ちているから取引所にしこたまコインが積み上がり、しかも含み損が出ている状態なんだろうか。

そうすると、コインチェックが補償するとしているお金も、もともと現金で全て置いてあったわけでなく、仮想通貨に換えていた分もあるだろうから値下がりを続けている今の状況で補償なんてできるわけがないよね?

 

攻める米アマゾンの「守りの財務」 :日本経済新聞

金曜日の米国市場の下落の中でも39ドルと強く上昇していた数少ない銘柄のアマゾン。

いつかここも大下落の時がくるんかね。この記事もアマゾンベタ褒めだけど。

株価の調子が良すぎると後できついしっぺ返しがくるのはここ数日で身をもって知ったことだしなぁ。

 

ホッキョクグマの目に映る世界 首にGPSカメラ | JBpress | kinora(キノーラ)

ホッキョクグマの生態

 

受動喫煙防止法案骨抜きに。事実上今とほぼ変わらず? | THE PAGE(ザ・ページ)

やっぱ近くでタバコ吸われると服に臭いがつくから嫌いなんだよな。

特にタバコを吸っている人のスーツの臭いはかなり鼻にツンとする。