株のスクラップ帳

株に関することをメモしています

2018/2/15

 

日本電産の永守氏「二人三脚で成長加速」初の社長交代 :日本経済新聞

日本電産が6月に社長交代。徐々に権限を新社長へ移譲。

 

マネー革命か狂騒か 仮想通貨が問うリアルの矛盾 :日本経済新聞

FRBの思惑と対照的にトランプ米大統領は1.5兆ドルをかけた「インフラ再興」を宣言した。連邦予算の歳出上限は過去最高の20兆ドルに膨らむ。国民の支持を得たい政府が景気対策としてマネーを大盤振る舞いする構図はなお続く。 デジタル技術によって発行量が制御されるビットコインの狂騒が問うのは、時に矛盾をはらむ人間がつかさどる現実世界の通貨のありようかもしれない。

ビットコインの発行上限は決まっているため、インフレになることはないとするサトシ・ナカモトの理論がある。仮想通貨への大量の資金流入が単なる投機バブルだったとは言えないかもしれず、それは金融緩和を続けてきた中でインフレ懸念がちらついている法定通貨の問題点が浮き彫りになったものなのかもしれない。

という趣旨の記事だと思うけど、やっぱり買えば儲かる。お金が余ってるから少し入れてみようか。という考えで始めた人が多かったんじゃないかと思う。

 

総裁が突きはなした仮想通貨 :日本経済新聞

「私だったら通貨とは呼ばないな」。欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は13日、ツイッターで大学生の質問にこう答えた。ビットコインの価格変動の大きさを指摘し、ユーロと違って決済に向かないと強調したものだ。 

 結局、仮想通貨がどういうポジションに落ち着くのかはとてもきになる。

金みたいにコモディティのような形で投資対象の一つになるかもしれないし、

各国各機関でガチガチに規制が行われて値動きが小さくなれば、

その時はいよいよ法定通貨よりも決済のための必要な時間の短さを活かして

お金のモノと交換する機能の部分で本領を発揮するかもしれない。

 

金利ゼロ%台融資、6割超 揺らぐ銀行ビジネスモデル :日本経済新聞

日本はもうしばらく低金利の環境が続きそうな一方で、米国は10年国債金利が2.9%に乗ったこともあって金融系の株価は調子が良さそうだよね。

いずれ日銀も緩和の出口政策について議論というか、対外的に話さざるを得なくなった時、マーケットは悪影響を受けるだろうけどその時は金融株はかなりチャンスじゃないかと思ってる。

 

ICOプラットフォームCOMSA(コムサ)仮想通貨交換業の下でビジネスへ|法規制を見据えて着手 | 仮想通貨まとめ

コムサってよく聞くけどあいまいなままでイマイチよくわかってない。

ICOも仮想通貨で資金調達って聞くけど、仮想通貨で資金調達してそれを事業用に使うとしても、支払いも仮想通貨でするんだろうか。一旦法定通貨に換金して払うんだろうか。税金とか値動きがあって思った通りの金額にならない場合とかどうするんだろう。

そもそも法定通貨で資金調達すんのかな。よくわからんことが多い。

 

BITPoint | ビットポイント BITPoint Weekly Market View(Feb. 12)

ビットポイント運営元のリミックスポイントは先日第3四半期の決算発表があったけど、通期業績の上方修正があって株価も10%くらいあげてたなぁ。

インチェックのようなみなし登録業者じゃなく、正式に交換業者としても認められたようだし。

 

ブロックチェーンが実現する自己証明型身分証明とは(上) - ブロックチェーンが実現する自己証明型身分証明と...:CIO Magazine

 

ブロックチェーンが実現する自己証明型身分証明とは(中) - ブロックチェーンが実現する自己証明型身分証明と...:CIO Magazine

 

ブロックチェーンが実現する自己証明型身分証明とは(下) - ブロックチェーンが実現する自己証明型身分証明と...:CIO Magazine

正直、この記事の書いてることの内容が全くわからないけど、

ビットコインをはじめとする仮想通貨がイノベーションとなり得るのは、ブロックチェーンという技術があるからで、ビットコインでの決済は実際にお金をやりとりしているわけではなく、1枚のBTCが100万円の価値があるというデータをたまたまビットコインブロックチェーンに載せているだけで、そのブロックチェーンに載せるのは100万円の価値があるというお金のデータでなくても良い。みたいな記事を読んだことがある。解釈も間違っているかもしれないけど、ブロックチェーンの上に載せるデータがなんでも良いのなら、なくなったら困る記録やデータやらを乗せれば良いんじゃないかと思う。消えた年金問題とかずいぶん前にあったけど、税制上のメリットがある確定拠出年金なんかは引き出しが60歳まで出せないという部分がとても気になる。制度上のメリットがあるわけだから使うのは使うけど、数十年先に制度自体が存在しているかどうかはわからないし、途中で支払いの履歴なんかの記録がなくなってしまったらお金の払い損になるんじゃないかという不安が正直ある。FACTOMなんかが該当するんだろうけど、そういう行政関係の記録を公的機関が作ったブロックチェーンに載せたりすると安心できそうだと思うんだけどな。行政手続きのためのブロックチェーンのシステムとか採用されれば億万長者になりそう。