株のスクラップ帳

株に関することをメモしています

2018/3/12 森友学園の問題で安倍政権に黄信号

 

「森友」で安倍1強失墜 野党、財務相辞任迫る :日本経済新聞

  昭恵氏言及部分など、経緯の大半削除 書き換えも多数 :日本経済新聞

  「公文書の信用失墜」 森友書き換え、激震走る :日本経済新聞

  霞が関、信頼失墜を懸念 「普通の役人は手出さない」 :日本経済新聞

中国主席「朝米対話に期待」 積極的関与を強調 (写真=ロイター) :日本経済新聞

 

ここ最近森友学園の問題がとてつもなく大きくなっていますね。

森友学園の問題自体は1年前から出ていたので、

時間が経てば忘れられるかと思っていたところに朝日新聞の大スクープ。

国中が義憤?にかられ、大騒ぎになるきっかけが

嫌われ者の朝日新聞から出た話というのが何とも言えない。

あのウォーターゲート事件も実際に事件として扱われる2年前から問題自体は認知されていたそうな。今回も規模は違えど似たようなものかもしれない。

改ざんというべきか書き換えというべきかはともかく、

今回手が加えられた文書の数は14。

どうやら安倍総理の奥さんが関与していたことを隠すための改ざん、書き換えが行われていた様子。

どうして昭恵夫人を守らなければならないのかについては、

安倍総理の以前の国会答弁に端を発しているようですね。

「関与していれば総理を辞める。」こう言ってしまったがために、

その点をいつまでもつつかれるという状況にあったようで。

昭恵夫人が関わっていると問題なのかというそもそもの疑問もあるけども、

とにかく夫人の関与が無かったことにしなければならなくなったのが、

今回の苦境に立たされる理由と言えそうです。

公文書の改ざん、実際にどれほどの問題かというのは

これまでこうした話が事件になることは無かったのでイメージが難しいが、

公的に残る文書が間違って記載されていた。というのは間違いなく問題と言えます。

それがヒューマンエラーによるものなら仕方ない部分もあるかもしれないが、

今回は故意に行われたものなので、これがまかり通ってしまうということは

これまで書かれてきた文書やこれから残される文書にも、

誰かの都合の良いように手が加えられる可能性がある、ということを考えると、

大問題という認識に至れるのかなぁと。

 

問題の解決がどのようになるかはまだわからないが、

麻生大臣が責任をとって辞任するかもという話がでています。

現時点では本人に辞任の意向はないようですが、

どうなろうと安倍政権の支持率の低下は間違いないでしょう。

そうなるとこれまでの株高のきっかけになり、支えてきたアベノミクスという

ここ最近の相場の大前提が崩れることになり、株式市場には大きな悪影響がでそう。

今、安倍総理に問題の追求が及ば無かったとしても、

このままの状況で次の総裁選で再任が取れるかどうかは不透明で、

かなり追い詰められている状況に思えます。

為替も日中はこの問題を受けて円高へ。

株式市場も、金曜日に米雇用統計の好調な発表や、ナスダックの最高値更新があったにもかかわらず、上げ幅は大したことにはならず。完全に水を差されている状況。

安倍総理と言えば外交手腕が光っていた印象があります。

首脳陣の中で孤立気味だったトランプ大統領とも関係を深めることができていたので

今総理が変わったとして安倍総理以上にうまく外交成果を上げられる人はいるのか。

そんな不安がありますね。

まあ、外交がどのように行われてどの程度の成果があるかなど確かめようがないので、

新しい総理になってもそれはそれで何とかなるのかもしれない。

米朝首脳会談が5月末に行われるということも、知らされたのは発表の直前だったということもあり、実際本当に安倍総理の外交がうまくいっていたかどうかはわからないし。