株のスクラップ帳

日々の記録

2018/3/22 米国による輸入関税は貿易戦争の始まり?

 

米、中国製品5兆円に制裁 知財侵害で301条発動へ (写真=AP) :日本経済新聞

米輸入制限、EU・韓国など適用除外へ 23日発動 (写真=ロイター) :日本経済新聞

米国株、大幅安で始まる ダウ一時338ドル安、米政権の中国関税警戒 :日本経済新聞

中国の知的財産権侵害を理由に中国製品に高関税をかけることに。

輸入制限は米国時間23日午前0時1分(日本時間同午後1時1分)に始まる。カナダ製とメキシコ製は除外するものの、同時刻以降に米国に運び込まれた鉄鋼には25%、アルミニウムにも10%の追加関税を課す。

FOMCを終えてパウエル議長が利上げ回数をとりあえず3回に据え置いたことは

株価にとっては朗報だったものの、関税の引き上げとそれに伴う貿易摩擦について、

パウエル器用が不安を示したところで為替は円高になったので、

米国とそれ以外の国との貿易戦争への不安は円高要因となるのだろうけど、

為替への影響だけでなくダウもわかりやすく下げるという状況。

いつもの強気の発言からの交渉に持ち込むということでなく

実行に移しているところをみると今回は本気の発言だったらしい。

今後もこういうことがあると何が本気で何が交渉術なのか、

判断がつかなくて株価の気迷いが増えそう。

そうこうしているうちに利上げが進んでリセッションに入らなければいいけど。