株のスクラップ帳

日々の記録

2018/3/24 マクマスター補佐官も解任し、ダウも続落

 

トランプ米大統領、中国経済への積極的関与の時代にピリオド - Bloomberg

【NY外為】ドル下落、週間で5週ぶりに下げ-貿易戦争など警戒 - Bloomberg

トランプ米大統領、マクマスター補佐官を解任へ 後任にボルトン氏 - BBCニュース

ケンブリッジ・アナリティカ社めぐる疑惑 これまでの経緯 - BBCニュース

昨日のダウは3日続落。424ドルの下落。何気にフェイスブックの情報漏洩で

相場を引っ張ってきたAMAZONやらエヌビディアも重いし、

こういう相場で買うことができれば一番儲かるのかもしれないけど、

まだまだ調整続きそうだなぁ。

輸入関税かけられた中国もやられっぱなしで終わるはずはないだろうし、

少し前に一度米国債の売却を検討しているとかいうニュースで騒がれたけど、

中国の米国債の持ち高を減らさないとこんなこと続けてたら大変なことになりそう。

この後の中国の報復的な措置かあれば相場も1段2段とさらに下げて行きそうだなぁ。

20000円維持してくれるといいんだけど。

キャッシュポジションを増やしている人も多いんじゃないかな。

日経インバースとか出来高が増えそうだしVIXもまたまた上がりそうだ。

マクマスター補佐官が解任。事前に報道されていた通りジョン・ボルトン氏が後任。

中東政策で戦争するのが好きなタカ派とされる人のようで、

トランプ大統領ユダヤ教に近いし、イスラエルの首都の話も出ていたところだったから

変なところで話が噛み合って中東で戦争とかになるんだろうか。

集団的自衛権の解釈の話とかまた出てくるかもしれない。

拡大した解釈して米軍が攻撃されるからという理由で日本もでていくことになるのなら、

自衛隊員も直接命の危険が降りかかるわけで怖くなるね。

中東に戦力を向けるなら北朝鮮にかまっている余裕はないだろうし、

5月末で米朝会談をするのも合わせるとタイミングが重なって進んでいるから、

人事を改めて意見の合う人間で周りを固め、

公約にあげていた部分を一気に中間選挙までにやり切りたいように思える。

結構トランプ的戦略のもとに動いているのかもしれない。