株のスクラップ帳

日々の記録

バンドワゴン効果

 

バンドワゴン効果とは、 パレードの最前列を行く楽隊車をバンドワゴンと言うが、

それに乗り込むことに由来して、「勝ち馬に乗る。時流に乗る。多勢に与する。」

などの意味を持つ言葉で、

その選択を支持する人が多いと、よりその選択が支持される心理的効果のことを指す。

一言で言えば、「皆がそう言っているから自分もなんとなくそう思う。」

というあの感覚に近い。

卒業したら一斉に就職しているので自分も就職する。

株式市場で言えば、株価が上昇しているから自分もその株を買う。

これらのように周りの影響を受けて自分も行動してしまうことと言える。

2017年末の仮想通貨のバブル的な上昇もこの典型的な例で、

今の価格が割安なのか割高なのか、明確に価格水準を計算することもできず、

なぜ上がっているのかはわからないが、

とにかく上がっているという事実を目の前にすると、

自分も儲かるんじゃないかという気持ちになんとなくなってしまい、

ついつい買いたくなる気持ちである。

このブログは株式に関係のあることをメモしていくブログなので、

株の取引に関することで言えば、

株価が上がっているから自分も買いたくなる。ということになるが、

なにも株だけにとどまらず、日常生活でもなぜ自分がそう思うのか、

今している行動はどういう理由や感情から来るものなのかということを、

客観的に見つめ直してみても良いかもしれない。

こうした心理的効果を利用して必要以上に購買意欲を掻き立てられたり、

意思決定を誰かの都合の良いように仕向けられていることがあるかもしれないから。