株のスクラップ帳

株に関することをメモしています

「ホリエモンの年収は?」と聞いちゃう新R25の記事がおもしろい。

R25というサイトがあります。

25歳前後の若い年齢層を対象の読者層として想定して、

お金に関する記事をアップしているメディアです。

ヒカキンのストイックなサラリーマン時代の話をインタビューした記事が

Twitterで流れてきていたり、気になって読んでしまう記事が多いですが、

その中でも、「マネ凸」というタイトルの連載が面白いです。

「お金どうしてるんですか?」という質問から始まるのですが、

インタビューの相手に対していきなり総資産はどれくらいですか?

といきなり質問するという超下世話な記事です。笑

ホリエモンにお金について突っ込んだけど、何を聞いても価値観はひとつだった|新R25 - 世の中がわかるジブンもいい。

有名人のお金がどれくらいあるかという話、

いきなり聞いてしまうのは普通に失礼ですが、聞きたいですよね。

途中からインタビューの内容もちょっとずつ膨らんできている風になり、

最後はちょっといい話になっているようななっていないような雰囲気で終わります。

その中でも面白いなぁと思ったところを書いていこうかと思います。

 引用部分は全て記事から。

  

一発目の質問は、ホリエモンの年収が一億円らしいことから、

でもよく覚えていないような返答が帰ってきます。

うん。「年収いくら?」と聞かれたらわかっていても普通答えないよなぁ笑

その後も資産額の推移なんかをインタビュアーさんが聞いていくものの、

求めている返答が返ってこない。

そんなことよりも好きなことをやれればそれで良いというスタンスのホリエモン

現金も1月分しか持たず、

あるといいなと思うサービスや会社に投資をしているとのこと。

その中の一つにZaifのことが出てきました。

たとえば、Zaif仮想通貨取引所)の立ち上げに堀江さんが絡んでるのを知らない人もたくさんいるんじゃないですかね?

これ知りませんでしたが、今調べてみるとでてきました。

Zaifを運営するのはテックビューロ株式会社が、

ホリエモンと共同でZaifのサービスを公開したことが2014年に記事になってますね。 

 

なかなか知りたい部分がわからないですが、

この連載は有名人の資産額と若者が資産運用するためのアドバイスを求めたりするので

続いて気になったのは、

「資産運用を進めているがどうすれば良いか?決算短信を読めば良い?」

という質問に対しての返答。

決算短信なんか見てもしょうがないでしょ。そんなん見て投資しているやつは博打やってるのと一緒。そうじゃなくて、儲かる投資に必要なのは、みんなが気づいていないことに気づくってことだよ。

そうなのか・・・

じゃあ皆が気づいていないことに気づくにはどうしたら良いのかが知りたい。

インタビュアーさんもそう思ったのか次の質問へ。

「何をみるべきか?」という質問に対しては、

カンタンに一般化できない。見るべきポイントは個別に違う。

 とのこと。 そんな簡単じゃないっぽい。

でもヒントになりそうなことは書いてあった。

バスキアを買っただけで、彼は世界中のセレブから名を知られたわけよ。孫さん並に有名になった。

中略

要は、たった60億円で世界に名を売ったということ。

読んでてリアルにへぇ〜って声が出た。こういう見方をできるようにすれば良いのか。

まあこういう所にまで考えが至るかと言えばそんなことはないけど。

それに、「これだけやってたら他人が気づいていないことに気づくことができる。」

というポイントや見方が本当にあったとしても、

それはつまり絶対儲かる方法と言えるし、無料では言わないようにしているのかも。

ホリエモンドットコムを読めばホリエモンの頭の中がわかるかもしれないけど、

それはこの記事の広告としての側面にしっかりのせられている感がある笑

 

決算短信はそれまでの業績がどうだったかの結果発表だから、

発表された時点でもう過去の情報。

決算短信に書かれている内容を見て「この会社儲かっているなぁ」と、

初めて気づいてから株を買ったとしても、

それ以前から株を買っていた人に勝つことはできないし、

むしろジャンピングキャッチしてしまうこともある。

だから株を買うなら決算短信を見て買えば良いというわけではないとは確かに思う。

となると、「そうかぁ。じゃあ決算短信は読まなくてもいいんだなぁ」

とか思ってしまいそうにけど、ホリエモンは経営者。

今は経営は誰かに任せていたりするかもしれないし、

業績情報を出す必要もないけどライブドア時代はむしろ出す側。

だから、決算短信を読むことは当然できるはず。

そんなもの読んでも株式投資での儲けにはならないとは言っているけど、

全く読めなくても良いとは一言も言っていないからね。

儲けには繋がらなくても読めるようになること自体は無駄じゃない。 

 

最後、そうだよなぁと思ったのが、

「25歳の年収400~500万くらいの人が資産運用するにはどうしたら?」

という質問への回答。

その年収で資産運用なんかできるわけねえじゃん。

 これはこの企画の第一回目、

サイバーエージェントの藤田社長のインタビュー記事にもあった。

「金融の世界は元手が大きいほど有利」とのことで、

20代そこそこで株を買おうにも、お金もままならないような状態で

「投資するんだー!」とか言っても意味がないんだよね。

任天堂の株なんてかなり上がっているけど、

100株でも買うのに数百万円なければそもそも買えない。

これは極端だけど株価の安いものでも10万円前後は必要になる。

10万円単位でお金を出すってなかなか20代には厳しい。

単元未満株で株を買ってみることはできるけど、

株価が上がったとしても購入金額が小さいと儲けの額も小さい。

なけなしのお金で株や仮想通貨を買うのは論外だし、

余裕資金で投資しようとしていても、

失敗したら次に株を買うにはまたお金を貯めないといけないと言う状況下で 、

めちゃくちゃ時間をかけてめちゃくちゃ調べて決めた銘柄を、

慎重に慎重にタイミングを見極めて買ったとしても、

儲かるかどうかはわからないと。そんなものなんだよね。

 

だからやっぱりまずは仕事を頑張って収入を上げた方が良い。

20代のうちはNISAと確定拠出年金を満額でやっていたら

もうそれでいっぱいいっぱいになるしそれで十分だと思う。

 

というわけで、いきなり年収を聞いちゃう失礼な質問から始まって、

どんどんホリエモンが不機嫌になっていき、

途中ガチで機嫌悪そうな写真もあるけど、

面白い話もたくさんありました。

文章の上では嫌そうにしている風だけど、

ホリエモンの記事は今回の記事を含めて全部で3つあります。

メリットがないから取材も出演も嫌だと言っているけど、

本当に取材を受けるのが嫌なら3回も記事にならないだろうし、

読んでいて面白いからどんどん連載続けてほしい。

編集されていないインタビュー音声を流してくれたら絶対聴くなぁ。