株のスクラップ帳

株に関することをメモしています

HANATOUR JAPANの第一四半期決算発表

 

HANATOUR JAPANの第1四半期決算発表がありました。

その内容を簡単に見ていきます。

 

平成30年12月期の予想(%は前期からの増減率)

売上高9,441百万円 19.1%

営業利益2,146百万円 22.2.%

経常利益2118百万円 12.3%

当期純利益1,480百万円 11.8%

1株当たり当期純利益130.02円

 

 

第1四半期実績

売上高2,242百万円 

営業利益451百万円 

経常利益374百万円 

当期純利益262百万円 

1株当たり当期純利益23.83円

 

決算発表を終えて株価はけっこう値下がりしました。

経常利益は3.7億円で通期計画に対する進捗率が17.7%。

決算短信をみてみると、

平成30年7月に開業予定の東京大田区のホテルの開業準備費用が12,224千円発生しており、建設は計画通りに進捗しております。

中略

平成30年3月に営業開始した都市型ハイヤー事業の開業準備費用等の発生により、当第1四半期連結累計期間の売上高は24,056千円、セグメント損失19,940千円となりました。

 と書かれてあります。

 

都市型ハイヤー事業は個人旅行者や小グループ向けのサービスで

トヨタハイエースなどを使って日本語と韓国語、英語が話せるドライバーをつけて

案内していく事業。

団体旅行者向けの貸切観光バスに加えて小規模な旅行者向けのサービスの開始にあたって、車両や器具の購入に資金が必要だったとあります。

参考「都市型ハイヤー事業」開始のお知らせ -株式会社 HANATOUR JAPAN|BtoBプラットフォーム 業界チャネル

 

主力の旅行事業について、

1Qの期間での訪日外国人の数自体は増加しているとのことです。

HANATOUR JAPANの旅行事業で売り上げや利益が1Qで伸びたかどうかは

前年は第一四半期決算の連結財務諸表を出しておらず、

比較対象がないのではっきりとわかりません。

まあ上場していなかったので仕方がありません。

売上高は886,644千円、利益は371,829千円です。

売上高は下記の免税店事業の方が大きいですが、利益は旅行事業が最大で

HANATOUR JAPANの主力事業です。

バス事業では好調ではあったものの人員の入れ替えとバスの購入を行い、

売上高は620,843千円、利益は42,588千円。

そこそこの売上高はありますが利益が低いですね。

免税店販売事業では売上高は958,510千円。利益は143,027千円。

主力は旅行事業でありながら売上高は免税店事業が一番高いようです。

PB商品強化で原価率低減を図ります。

ホテル等施設運営事業では売上高は169,769千円、利益は8,498千円。

7月に開業予定のホテルの準備のため、費用が12,224千円発生しています。

そのため利益が減ってしまっているようです。

札幌のホテルは順調なようなのでホテルが完成した上で

利用が多ければ今後の業績にプラスになりそうではあります。

その他の事業ではレンタカー事業で44台の増車。

また都市型ハイヤー事業で車両を10台購入したため費用が嵩み、

売上高が24,056千円、損失が19,940千円となっています。

経常利益の進捗があまり良くないのは、

3月に新しくスタートした小規模な旅行者向けの都市型ハイヤー事業への投資が影響しているようです。

 

通期の業績予想については変更無し。

決算ギャンブルと言われるだけあって、発表前後では株価の変動が大きいですね。

今日も朝の寄り付き前から見ていましたが、

特別売り気配からスタート。

保有していた方はしんどかったと思います。

前期との比較ができないので何とも言いようがありませんが、

1Qで利益が伸びなかった理由は新しいサービスと既存のサービスへの拡充にあるようです。

5月号の投資手帖を見てみると、

この企業の強みは地方中心のツアー旅行が多く、

日本の28空港がある地域全てに同社企画の旅行商品が多い所とあります。

1年に1棟ずつホテルを増やす方針とあるので、

ホテル事業は売上高が拡大しながらも今後も投資継続になりそうです。

旅行事業は団体向けだけでなく、

家族旅行など小規模な旅行者向けのサービスを開始するなどして、

細かい旅行ニーズをくみ取るためにラインナップを増やして勝負しているという印象です。

平成30年12月期 第1四半期決算短信

第1四半期有価証券報告書