株のスクラップ帳

株に関することをメモしています

2018/9/12 トランプ流交渉術が認知されてきた?

今日の相場

日経平均は-60円の22604円、TOPIXは-7ポイントの1691ポイント。

マザーズは-17ポイントの999ポイント。

日経平均の値上がり70、値下がり143、変わらず3、

東証1部の値上がり548、値下がり1496、

東証2部の値上がり124、値下がり200、

東証1部の売買代金は2兆3601億円。売買高は14億5879万株。

東証2部の売買代金は3億2094万円。売買高は9517万株。

為替は111.49(19:43)

 

業種別上昇

鉱業、水産・農林業、情報・通信、陸運業、小売業、食料品、その他製品、

精密機器、空運業 

 

業種別下落 

 

電気・ガス業、証券業、その他金融業、卸売業、石油・石炭製品、サービス業、

倉庫・運輸雨関連業、不動産業、繊維製品、鉄鋼、医薬品、ガラス・土石製品、

輸送用機械、非鉄金属保険業、ゴム製品、パルプ・紙、金属製品、

銀行業、建設業、化学、海運業、機械、電気機器、

 

前日のダウは+113ドルの25971ドル。

NASDAQは+48ポイントの7972ポイント。

S&Pは+10ポイントの2887ポイント。

長期金利(10年)は+0.005の0.11%

米10年国債金利は+0.046の2.981%

米30年国債金利は+0.038の3.118%

NY金はの1195ドル/トロイオンス

NY原油はの69.82ドル/バレル

 

雑記

今日の日経平均は60円安でした。

寄り付きから前場の終わりまでは下げ続け、

後場にはいってから下げ幅を小さくして戻していく形です。

騰落レシオを見ていると随分と低くなっています。

22000円くらいがそこになるかと思っていたのですが、

もう少し高いところで買われていますね。

騰落レシオ 日経平均比較チャート

先週の8月31日発表の投資部門別売買動向では海外投資家が買い越しに転じていますが、

ボリンジャーバンドなどの指標をみても買いのサインになっているものはありません。

どの指標をみても中途半端な位置にある印象です。

トランプ大統領の手法がだんだんと認知されてきたために、

ツイッター上での発言がそれほど株式市場に影響されなくなってきたように感じます。

今日の日経新聞の4面にもありましたが、先にネット上で脅しをかけておいて、

実際に会ってみれば冷静に交渉を行うというやり方のおかげで大きく下げたら、

買い時だろうと思って入りやすいのですが、

そのことを見透かしてか、すでにポジションを持っている人にとっても、

そのうち戻るだろうとのことで売りに出すことが少なくなってきたように思います。

 

明日の予定 

 

 7月機械受注統計

トルコ中銀金融政策決定会合

英国金融政策決定会合

米国8月消費者物価指数